購入ポイント|マイホームを購入しよう【一戸建てと注文住宅の選び方】

中古一戸建てを買うときに見るべき部分ってどこ?

購入ポイント

部屋

外観の確認

中古一戸建ての場合、建築してからかなりの日数が経過している物件もあるため必ず外観や内装の確認をしておく必要があります。外観のチェックポイントは
・壁に亀裂は入っていないか
・屋根のズレや劣化
・軒裏に亀裂や雨によってできたシミが無いか
などを確認しておきましょう。住宅の基礎となる部分に大きな亀裂(約0.5ミリ以上)が入っていると注意が必要と言われています。

室内の確認

室内で確認するべきポイントは
・窓の開閉はスムーズにできるか
・収納スペース部分に汚れ・穴は無いか
・壁紙は剥がれていないか
・壁の木材が浮いている又はヒビは無いか
・キッチン周りでキツイ匂いはしないか
・水漏れはないか
などを確認しておきましょう。目に見える部分は綺麗でも、扉を開けてみるとカビやシミ、汚れが目立つ物件も多いと言われています。岡山には優良中古物件も多いため、しっかりと確認しながら選んでみましょう。

中古一戸建ての確認方法

プロに任せる

住宅診断のプロに任せることで、素人では見抜くことができない不備を見つけてもらうことができます。そのため、購入契約をする前にしっかりと見極めることができるでしょう。

個人でやる

個人で住宅診断をする場合は、住宅見学の際に確認することができるため二度手間になることはありません。また、多少物件についての知識を持っているという事を不動産会社にアピールすることもできます。

住宅購入時に起こるトラブルと回避法

入居後に不備が発覚する

目で見て判断することができる部分以外の不備は、実際に住んでみなければ確認することができない場合もあります。例えば、風呂場やトイレの水漏れ、ボイラーの故障などです。しかし、しっかり下見の時に業者へ確認しておくとトラブルを回避することが可能でしょう。

害虫被害

見学した時は、害虫の存在に気づかなくても実際に住んでみると害虫の多さに悲鳴を上げてしまったという人も少なくありません。害虫が苦手な人は、事前に業者に依頼して退治してもらいましょう。

アフターフォロー不足

入居して直ぐに不備が発覚した場合、新築ならアフターフォローを受けることも可能ですが中古の場合、契約時には既に建物が古くなっているためアフターフォローを受けることができない場合もあります。しかし、すべてがそういった条件でないため、アフターフォローがきちんとしている業者を利用するようにしましょう。

減税制度が使えない

中古一戸建ての中には、住宅購入時に利用することができる住宅ローン減税の対象外となっている住宅物件もあります。そのため、購入前に考えていた購入方法を使うことができないという場合もあります。事前に調べておいて、聞いてなかったということがないようにして下さい。

広告募集中